Nanosafety Web Site > 新着記事 > 2018年8月 OECDがガイダンス文書の改正を公表

2018年8月 OECDがガイダンス文書の改正を公表

2018815日)

OECD工業ナノ材料作業部会(WPMN)は、吸入毒性試験において工業ナノ材料を対象にするためのTG412/413の改正に対応したガイダンス文書の改正を公表しました。APPENDIX VI. INSTILLATION AND ASPIRATION STUDIESで気管内注入について記述しています。

■201876日付け

ENV/JM/MONO(2009)28/REV1
Guidance document on inhalation toxicity studies Series on Testing and Assessment No. 39 (Second Edition)LINK